カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2007年 12月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
サムライのGo SAMU...
just do it☆d...
「不承不承」が読めず、不...
ドットJPEG
上を向いて歩こう
軍配は東
星のカケラ
himatsubushi...
直日


最高の洗車

先日、うちの父ちゃんと洗車にいった。雪で車は汚れまくってたので。

洗車っていっても手洗いとかそんなたいそうなものじゃなくて、コインで機械が洗ってくれるやつね。
あれって洗車が始まるときは、ミラーをたたんで、サイドブレーキ引いて、エンジンまで切らないとだめなんですよ。
うちの車は古いのでミラーをたたむのは手動なわけで、洗車が始まる直前に気づいた父と僕は窓をあけミラーを両側たたむ作業を。
ここで父は焦りだした!もう機械がせまってきている。早くしないと車内がびっしょり、自分もびっしょり。
あわててミラーをたたんで窓を閉め、エンジンを切った父。しかし、助手席側、つまり僕がいたほうはミラーはたたんだけど窓が閉まってないのに、エンジン切られて窓が開きっぱなしの状態。

「まだドア閉めてないて」という僕。エンジンかけてと促す僕と焦りまっくた父。
そこで「エンジンがかからない」と意味のわからないことを言い出す始末。焦ってギアを動かしまくり、サイドブレーキを下ろしたり、しまいには、なぜかドアロックまでガチャガチャやってるし。

冷静な僕は、ギアをP(パーキング)に入れてやりエンジンがかかり、窓は閉まり一件落着と。

落ち着いた父と僕。
・・・と思いきや父がずっとブレーキを踏んでいる。
「エンジン切ってサイドも引いてるのに何でブレーキ踏むと?」とたずねてみると、
「自分が進んだりバックしたりしているような気がするから」やって。機械が動きよるのに。
これには爆笑とらされました。

こんな父のおもろい一面・・・
しかしこんなに焦らなければ、普通の洗車やったのに、ここまでやられると最高の洗車になりました。
[PR]
by taichitu | 2005-12-25 13:53
<< あけました 無条件てか強制的やん! >>




いつか遊びがモノをいう。
by taichitu
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧